//Eight Boat Noodle ボーン・ユースリンさん

Eight Boat Noodle ボーン・ユースリンさん

– 3月中旬にダイヤモンドアイランドにオープンしたEight Boat Noodle。1~2口分のヌードルを次々と食べていくスタイルが若者の間で大ヒットして、4月初めには早くもボンケンコンに2号店ができました。今までのカンボジアにはないこのアイデアは、どのように思いついたのですか。

中国の昔の動画を見て、皿を重ねていく 様子にヒントを得ました。それから、タイでは船の上 でラーメンを売る習慣があり、それをカンボジア人の 好みに合わせて味やスタイルを変えて販売する事にし ました。それが店の名前でもあるBoat Noodle です。

– 素晴らしい発想ですね。日本にもわんこそばとい う同じようなスタイルがありますが、最初にこのお店 を知ったときに驚きました。一日何杯くらい販売して いますか。

2,500~3,000 杯です。開店してからずっ と満員で、外まで行列ができています。

– 1人あたり何杯くらい食べますか。

8杯です。これは最初に予想して、店名 に「Eight」とつけました。最高記録は15 杯です。

– このスタイルは若い人達に大ヒットしましたが、 その理由は何だと思いますか。

まず1つは挑戦という事です。今までに ないものを作って挑戦し、誰が一番たくさん食べられ るかという競争をお客さんにしてもらいます。2つ目 は、美味しいという事。チャレンジしても美味しくな ければ、みんな食べませんから。

– 立地、そしてFacebook ページの活用も、功を奏 していると思います。では、今後の展望をお聞かせく ださい。

現在、更に5店舗程のフランチャイズ展 開を検討しています。また、競争のイベントを計画し ています。プノンペンの各店舗から1名ずつ選出して、 本戦で優勝した人は賞品や記念品を差し上げる予定で す。

– それは絶対に実現させた方がいいですね。日本で も大食い競争や、時間制限内に規定量を食べ切れるか を競うルールもあります。そうすると皆が一生懸命食 べに来ますので、コマーシャルにもなります。最後に、 カンボジアの若者として、同世代の方にはこれからど う変わってほしいと思いますか。

昔働いていたNGO には若者が多くいて、 教育とビジネスを教えさせました。今も、ビジネス教 室を無料で主催しています。一番重要なのは、自信を 持ってビジネスをする事です。ターゲットを先に決め て、自分もその人になるのです。私自身が若者として、 今のカンボジアの若者は何が欲しいのかを考えて店を 作りました。海外でも勉強していろんな経験をして、 ビジネスに投資するなら当然リスクを受ける事を想定 します。どんなビジネスでも失敗する可能性はありま すが、自信を持ってできるだけ取り組めばもし失敗し てもいいと考えています。若い人達も自分でビジネス できるようになってほしいです。